株のおすすめ銘柄情報の集め方はこうすれば儲かる!

株の取引きを本気でしているけれども損ばかりしてしまっている・・・。

株で勝てる人と負ける人の違いってなんだろう?

今どういう株が「買い」なのか、どうやって勝ててる人は判断しているんだろう?

中々利益を出せないでいるとこういう事を考えますよね。

一番大きなポイントは、株の勝ち組トレーダーは「信頼できる銘柄情報」を、例外なく無料で仕入れています。 このページを見て頂いている方にだけ、その情報源をこっそりお教えします。

多くの勝ち組が参考にしている無料の株式情報メルマガ2つ

その1: ジャパン・ストック・トレードの無料情報

既にご存じの方も多いかも知れませんが、多くの儲けているトレーダーが登録している「急騰が予測される銘柄」を毎日教えてくれる無料情報です。

無料ですが、提供される情報の質が高く「メルマガでされる銘柄の中から今日買う株を決める」と言う方が多いです。

➡勝ち組が売り買いの参考にしているメルマガを無料で購読する

その2: トリプル・エーの無料情報

勝ち方をこのメルマガで教わったと言う方も多い、利益確定をするまでの売り買い指示を毎日届けてくれる無料のメルマガです。

「どんなに株の取引きを重ねても利益が出せない」と言う方は、このメルマガの通りに売買すれば、自然に勝ち組の取引間隔を身に付ける事が可能です。

➡どういう株が今「買い」か無料メルマガ登録で今スグ確認する

株の初心者の方が取引の知識を身に付ける為に

初心者の方の多くは、株式投資を始めるのはどうしたらよいのか?といった疑問を持ちますよね。

手順としては証券会社に口座を解説し、口座に資金を入れればすぐにでも始められるわけですが、そこから先が皆さんわかりません。

だから株式投資にしろ、教科書みたいなものがないかと探しますよね。

現在はいろんな書籍が出まわっていますし、初心者であることを気にするなら、初心者向けの本を一冊読んでみるのもオススメです。

それと、今は現役の投資家たちの投資方法も沢山紹介されています。ジム・ロジャースやウォーレン・バフェットといった大物投資家たちの投資法もひとつの教科書と言えますね。

ただし本に書いて有る内容は、あくまでも彼らの場合であって万人に適応されるものでは無い物もあります。

今は時代も違っているので、真似すれば上手くいくというような世界ではないことも有る程度理解された方が良いです。

check!>>今の時代に合った、具体的な売り買い指示を出してくれる無料情報

株式投資の教科書的なものを一冊あげろと言われれば、やはり四季報ではないでしょうか。四季報は上場企業の業績をすべて網羅している本です。

年4回出ていますが、多くの投資家が参考にしています。

売上や経常利益の推移によって今後その株が上がるのか下がるのかというのが、熟練してくると見えてくるのです。

参照元:株銘柄予想

必ず儲けられるわけではありませんが、上がる条件などはあるので四季報を頼りに投資先を決める人も多く、まず一冊手元に置くなら四季報がオススメです。

>>四季報では知れない「どの銘柄を買ったら良いのか」まで教えてくれる無料メルマガ2つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

株の勝ち組になる為に!べえやんのニュースブログ記事一覧

アベノミクスでまだ儲かる株は有る!当面株価は下がりにくい状況です【株式投資ニュース】

アベノミクス

今から株で儲けたいと考えている人は、やはりアベノミクスが始まる前から投資をはじめておけばよかったなぁと思っている方も多いと思います。

けれども、まだまだアベノミクスの恩恵を授かれる状況は続きます。

まだアベノミクスは終わっていない!株価急騰のチャンスは充分に有ります

アベノミクスと呼ばれる経済活性化の政策がすべて成功したとはいえないかもしれませんが、株価がぐんぐん上がっているのは確かです。どの銘柄も高くなっている雰囲気がありますよね。

これから先、安倍政権では引き続き経済成長戦略を提示してくることが見込めます。

check!>>アベノミクスで急騰する株の銘柄を教えてくれる「無料のメルマガ」2つ!

すでに年金なども投資に回しているわけですから、株価は下がりにくい環境になっています。株銘柄を保有している人としていない人によって差が生まれてくる時代になってきたともいえます。

アベノミクスは基本的に、円安基調を保つので輸出産業が恩恵を受けるようになっています。

円安ではありますが、原油安でもあるので、エネルギーにかかる費用が少なくなり、大手企業は利益を出してきているといえます。日本の代表的な、トヨタやホンダといった自動車関連銘柄は好調といえます。

出典:明日上がる株

オリンピックの影響も有るので、国策関連株も期待できる

また、国策としては道路工事などインフラ整備等が密接関わっているので建築系株銘柄もアベノミクス銘柄として注目されるところです。

オリンピックの関連銘柄でもあるので、2020年に向けて株価上昇等が期待できます。オリンピックの先には、リニア新幹線の大阪までの延長も視野に入ってきているので、公共事業に関わる企業は中期的に安定してくる可能性が高いです。

安倍政権はすでに長期政権になることが決定しているので、この日本経済の景気を重要視する政策は続く予定です。

大手企業の景気回復が起これば、少しずつ中小企業にも波及していくはずなので、株式投資もしておけばより多くの恩恵が受けられる環境が整ってきています。

こういった事を踏まえると、アベノミクスの恩恵はまだ受けられる可能性は充分に有りますので、前向きに買って行きましょう!

>>これから急騰するおすすめ銘柄を教えてくれる、「勝ち組トレーダー」が参考にする無料の情報源2つ